魚を上手に食べるコツ!

戻る

焼き魚のきれいな食べ方

(1) 身に切れ目を入れる

  • 魚の中心に箸で頭側から尾に向かって切れ目を入れます。(左手で皿の左端手前を押さえると皿が安定します)

(2) 上身を食べる

  • 頭側から身をはがすように上側の身を食べる。

(3) 腹の身を食べる

  • 左手で頭を押さえ、身を手前に開く。
  • 腹びれと硬い骨をとり、皿の左上におく。
  • 身についている骨は、皿の左上におく。
  • 腹の身を食べる。

(4) 背びれをとる

  • 背びれと背びれのつけ根の小骨をとり、皿の左上におく。

(5) 中骨と頭をとる

  • 左手でしっぽを持ち、しっぽのつけ根あたりで中骨の下に箸を入れて身と中骨をはがす。頭のつけ根を箸で押さえながら中骨と頭をとる。
  • 骨の中心を箸で押さえながら半分に折る。
  • 骨は皿の左上にまとめておく。

(6) 残りの下身を食べる

  • 頭側から尾に向かって切れ目を入れる。
  • 小骨をとりながら上身を食べる。

(7) 腹の身を食べる

  • えらのそばや、腹の太い骨などをとる。
  • 腹の身を食べる。
  • 食べ終えたら、残った骨や皮などをひとまとめに左上においておく。

このページのトップへ