週末は魚をさばこう!

新鮮でおいしい「富山のさかな」をご家庭で楽しく料理し、味わっていただくことを目的に、基本的な「さかなのさばき方」を動画でご紹介します!
日ごろ何かとお忙しいあなたも、週末は魚をさばいて、おいしい魚料理を振る舞ってみませんか?

【さかなさばきに必要な道具】

  • 包丁(よく研いだ包丁を使うと、さばきやすい。)
  • まな板
    ※包丁やまな板はいつもきれいにしておく。
  • うろこ引き(タイなど、うろこが大きくて硬い場合に使う。)
  • ふきん又はキッチンペーパー(魚の水気を取ったり、皮をひく時などに使う。)
  • 骨抜き(小骨などを引き抜く場合に使う。)
  • 歯ブラシ(腹の中の血合いを取る時に使うと便利。) 等

基本の切り方

手順ごとに見る

三枚おろし(例:フクラギ)

手順ごとに見る

おろし方の基本(例:タイ)

手順ごとに見る

背開き(例:アジ)

手順ごとに見る

開き方(例:イカ)

手順ごとに見る

講師紹介

青山 繁樹(あおやま しげき)
いこいの村 磯波風 調理長

いこいの村磯波風」としてリニューアルし、富山の味と鮮度には舌の肥えた県内の団体客が多いなか、地産地消を心がけ、海の幸をふんだんに使い旬の料理を提供しています。鮮度にとことんこだわり、特に氷見朝とれのお刺身は、自信を持って提供しています。また、氷見牛のすき焼きや氷見ぶりしゃぶコースは人気が高く、お米も氷見から取り寄せるというこだわりがあります。(社)富山県調理師会常務理事を務め、積極的に活動する同会に欠かせない存在です。

このページのトップへ