閉じる

道の駅 福光 『レストランたんぽぽ』

道の駅 福光 『レストランたんぽぽ』

 「道の駅・福光」は国道304号沿いにあり、豪農の館をイメージした駅舎、土蔵造のレストラン、納屋風のトイレとまわりの田園風景にマッチした建物です。108席のゆったりとしたレストランや特産品を販売するコーナー、「なんと一福茶屋」の愛称の通り、休憩コーナーでは気軽にくつろいでいただけます。
休憩コーナーでは、グランドピアノをご自由に演奏していただけます。 地元農産物の常設直売所「いっぷく市」があり、敷地内には「福光紹興友好物産館」があります。 ホームページ

所在地:〒939-1625  富山県南砺市中ノ江21
MAP 電話番号:0763-52-4100
FAX番号:0763-52-4150
営業時間:(夏季)午前 9時00分〜午後6時00分(冬季)午前 9時30分〜午後6時00分
定休日:年末年始以外無休

道の駅 福光 『レストランたんぽぽ』

棟方志功ゆかりの福光。
 富山県の南西部に位置する福光(現:南砺市)は、古くから加賀文化の影響を受けてきました。砺波平野の散居村を一望できる医王山のふところに抱かれ、小矢部川のせせらぎを聞くこの町で、板画家棟方志功は6年の間創作活動に励み、多くの作品を残しました。

道の駅 福光 『レストランたんぽぽ』

福光は、日中友好の功労者として有名な松村謙三(故人、元衆議院議員)の出身地です。旧福光町が中国側へ友好都市提携を申し入れ、「偉大な松村先生の出身地にふさわしい都市」として中国側の斡旋により周恩来元首相の出身地である紹興市と友好都市となりました。
 建物は。中国唐宋時代の建築様式で木造瓦葺平屋建てとなっています。館内には、友好交流の歴史紹介があります。中国の美術品・書画・工芸品・物産品の展示販売が行われています。

我が店の「富山のさかな」この一品

白えび かま揚げうどん

白えび かま揚げうどん

白えびを練り込んだピンク色のうどん。だしには、白えびがういています。天ぷらは地元野菜を使っています。

価格(税別): 950円
富山のさかな: シロエビ
提供時期: 年中
その他(条件など):

このページのトップへ